« ダービー⑤ | トップページ | ザルツブルグ① »

2005年6月17日 (金)

ダービー⑥

レース

ダービー当日のレースは14:00からはじまって17:40まで7レースありました。ダービーは5レース目の16:20です。

”The Hill”ではまともに競馬観戦ができないので、ゴール板内側の”Lonsdale Enclosure”という有料のエリアに入場することにしました(地図の赤いところ)。料金は10ポンドくらいだったと思います。

2005_06040059 こちらがその写真です。ダービー発走直前の様子です。入場制限をしていないようで、非常に混雑していました。ほとんどの人は缶ビール片手に歓談をしていて、屋外パブの様相を醸し出していました。

後ろにダブルデッキのバスがずらっと並んでいるのが見えますか。これらのバスが据え付けのものなのか移動式のもの(観戦ツアーになっている)なのかは分かりませんが、レストラン&パブとなっていて、2階からレースを観戦できるようになっています。

Motivator

ダービーはMotivatorとGypsy Kingがほぼ人気を分け合い(ともに約3倍)、Dubawiが3番人気(約5倍)というかたちで始まりました。私はMotivatorとDubawiで迷ったのですが、オッズとデットーリに惹かれてDubawiの単勝を5ポンド買いました。

レースはLonsdale Enclosureのコース側の金網にへばりつくようなところで見たのですが、スタート直後と自分の目の前のところしか馬を見ることができず、まともなレース観戦はできませんでした。電光掲示板は遠目にしか見えず、実況もあることはあるのですが、私にはちと難しすぎました。おそらく、レースが一番良く見えるのは、やはりスタンドでしょう。内馬場は絶望的です。

2005_06040067こちらが、勝ったMotivatorの画像です。Motivatorの父は99年の凱旋門賞に勝ったモンジュー(Montjeu)です。モンジューは大種牡馬サドラーズウェルズの最高傑作とも呼ばれる馬で、凱旋門賞のほか、仏愛ダービー、キングジョージなどのGIレースを制覇しました。凱旋門賞ではエルコンドルパサーを破り、また、同年のジャパンカップにも出走している(4着)ので、日本でもなじみの深い馬です。

2着もモンジュー産駒のWalk In The Parkが入り、モンジューは種牡馬としても最高のスタートを切りました。今後が楽しみです。

サンデー・テレグラフ紙によれば、 Motivatorの馬主はロイヤル・アスコット・レーシング・クラブというところで、230人の会員がこの馬を共有しているそうです。平地の重要な競走でレーシング・クラブの馬が勝つのは初めてとのことです。

私の読み間違えでなければ、日本のように1頭ごとに共有馬主を募るのではなく、クラブとして数頭の馬を所有し(このクラブの場合は6頭)、クラブの会員となった者が結果的にその共同所有者となる仕組みのようです。

ダービー賞金(7万ポンド、約1億4千万円)のうち、半分はクラブがキープし、残りの半分は年会費と相殺されるそうです。このクラブは年会費が7500ポンド(約150万円)ということで、ダービー賞金だけでは年会費も賄いきれません。ただし、種牡馬としての価値を考えると「数年間は年会費がタダになる」とのことです。まあ、こういう人たちは損得を度外視しているので、金銭面でこだわっている人はいないようですね。

なお、レース当日のパドックにはくじ引きで選ばれた10人のみが入ることができ、レース後のウィナーズサークルには来場していた馬主がすべて参加できたそうです。

おまけ

2005_06040069

帰りの車の中から撮りました。なぜ、全裸の人がレースをしているのか、ゴール時点はどこなのか、非常に気になりました。ご存知の方は教えてください。

|

« ダービー⑤ | トップページ | ザルツブルグ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/4592251

この記事へのトラックバック一覧です: ダービー⑥:

» セントレジャーじゃ!その3 [so far so good, it's all because of you...]
ちなみに競馬場の雰囲気はこんな感じでした。 さてさて、いよいよお目当てのセント [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 00時50分

« ダービー⑤ | トップページ | ザルツブルグ① »