« ウィーン② | トップページ | ウィーン④ »

2005年8月11日 (木)

ウィーン③

シェーンブルン宮殿①

シェーンブルン宮殿はウィーン中心部から南西に少し離れたところにあります。17世紀末に建築されました。

マリア・テレジア及びマリー・アントワネットの夏の居城としても有名です。また、ナポレオン戦争後のウィーン会議もここで開かれました。

2005_07290022 こちらが正門から見た宮殿です。

・・・

・・・

2005_07290026 逆に、宮殿見学の入口から見た正門です。

・・・

・・・

宮殿の敷地にはタダで入れます。宮殿の敷地には宮殿そのものの他に、グロリエッテという展望台、動物園、迷路庭園、宮廷パン工場、温室、馬車博物館があり、どの施設に入れるかによって入場券が異なっています。

【入場券の種類】

  1. グランドツアー・・・宮殿内の見学できる部屋すべて
  2. インペリアルツアー・・・宮殿内の見学できる部屋の一部
  3. ガイツアー・・・1.+ガイドつき
  4. クラシック・・・1.+グロリエッテ、迷路庭園、パン工場
  5. ゴールド・・・4.+動物園、温室、馬車博物館
  6. シシィ・チケット・・・1.+王宮(ウィーン中心部)、王宮家具博物館(ウィーン西駅そば)

 ※間違っているかもしれません。あんまりアテにしないように。

のんきに窓口まで行っていきなりこの選択を迫られると非常に迷います。我々も下調べせずに行ったため、深く考える暇もなく、結局、クラシックを買ってしまいました。

いま、振り返って見ると、各チケットの特徴はこんな感じでしょうか。

  1. グランドツアー・・・宮殿の部屋だけ見たい人、時間のない(1時間くらい)人向き
  2. インペリアルツアー・・・節約したい人向き
  3. ガイツアー・・・じっくりと見たい人向き
  4. クラシック・・・時間がある人(2~3時間)、子供連れ向き(庭園迷路に入れる)
  5. ゴールド・・・1日つぶしたい人、子供連れ向き(迷路、動物園(パンダがいる)に入れる)
  6. シシィ・チケット・・・3ヶ所すべてに入場しなければ元はとれないようです。王宮はほとんどの人が行くでしょうから、王宮家具博物館にも行くつもりの人が買うべきです。

入場券には時間がプリントされていて、その時間になるまでは入場できません。我々は子供連れだったため、並ばずに入れました。

|

« ウィーン② | トップページ | ウィーン④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/5407431

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン③:

« ウィーン② | トップページ | ウィーン④ »