« ロイヤルアスコット② | トップページ | キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス »

2006年6月24日 (土)

ロイヤルアスコット③

プリンスオブウェールズS

この日のメインレースはプリンスオブウェールズSでした。「プリンスオブウェールズ」とはご存知の通り英国皇太子に与えられる称号のことです。

「プリンスオブウェールズ」というのは要するにウェールズの君主という意味なのですが、13世紀にイングランドがウェールズを攻略した後、14世紀から皇位継承第一順位の者にこの称号与える慣習が生まれたそうです。

それはさておき、プリンスオブウェールズSには当初、日本の4冠馬のディープインパクトが登録していました。そのため、この日の入場券を予約していたのですが、ディープインパクトは残念ながらこのレースを回避し、春は宝塚記念(6/25)に向かうことになりました。

レースは芝2000mで行われます。プリンスオブウェールズSは2000年にGIに格付けされるようになってから、芝の中距離の王者を決定する一戦となりました。

今年も、7頭立てのレースではあったのですが、うち4頭はGI勝ちの経験があり、ハイレベルの戦いとなりました。

パドック2006_06220065 

パドックの様子です。中央左の切れ込んだところは馬の入退場口です。

・・・

・・・

2006_06220082 これは、当日1番人気(レーシング・ポスト紙では単勝約2.4倍)だった、デイビッドジュニア(David Junior)です。

デイビッドジュニアは今年のドバイ・デューティーフリーの勝ち馬です。

・・・

2006_06220079 こちらは単勝2番人気(約3.2倍)のエレクトロキューショニスト(Electrocutionist)です。

エレクトロキューショニストは昨年のチャンピオンSでゼンノロブロイを破っていますし、前走はドバイ・ワールドカップに勝っています(日本からはカネヒキリが出走しました(4着))。

2006_06220092 ・・・

3番人気(単勝9倍)はウィジャボード(Ouija Board)でした。ウィジャボードは04年の英愛オークスを制覇した牝馬です。また、騎手は日本でもおなじみのオリビエ・ペリエ騎手でした。ただ、最近は勝ち星に恵まれていません。

・・・

レース

レースは、(1回しか見ていないので記憶があやふやなところがありますが、)逃げるエレクトロキューショニストを、後方で待機していたウィジャボードが直線残り1F過ぎで差し切り、そのまま抑え込みました。

2006_06220099 ・・・

ゴール前100mくらいのところから撮りました。小さくて見にくいですが、すでにウィジャボードは先頭に立っています。

・・・

2006_06220100 実は、ウィジャボードの単勝馬券を10ポンド買っていたので、90ポンド戻ってきました。

前から馬券を買うたびに「こんなレシートで偽造されないのだろうか?」と不思議に思っていたのですが、こちらに来て初めて馬券が的中してその謎が解決しました。

"John Hughes"-これはブックメーカーの名前ですが-の右隣に6桁の番号が書いてあります。これは馬券の番号なのです。私がこの馬券をブックメーカーのところに持っていくと、ブックメーカーは、私の馬券の番号とブックメーカー側で控えていた当たり馬券の番号一覧を照らし合わせて偽馬券ではないかチェックしていました。

こうすることによって、偽造馬券の可能性は限りなく少なくなっているようです。

表彰式

こちらの競馬では、表彰式はパドックで行われるようです。

2006_06220104 表彰式の様子です。プリンスオブウェールズSというだけあって、チャールズ皇太子がプレゼンテイターでした。

次の国王としての威厳を感じました。

・・・

2006_06220109 日本と違って面白いなと思ったのは、表彰式の途中に関わらず、次のレースの馬がどんどん入場してくることです。

また、日本では、パドック入場→騎手整列→騎手騎乗→本馬場と一連の流れがあるのですが、こちらはてんでバラバラです。

ルールがあるとすれば、「鐘が鳴ったら騎手は騎乗して本馬場に向かう」くらいのようです。いつパドックに入っていつ本馬場に行くかはかなり自由です。よって、ある馬はすでにパドックから本馬場に向かっているのに、別の馬はその後にパドックに入ってくるようなことも起こっていました。

7月末にはここでキングジョージ6世及びクイーンエリザベスダイヤモンドSが行われます。日本からは昨年の有馬記念でディープインパクトを破ったハーツクライが出走する予定です。

今日、見る限りでは、コースは日本の競馬場に良く似ていて、ハーツクライも能力を存分に発揮できるのではないかと思います。

|

« ロイヤルアスコット② | トップページ | キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/10659005

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルアスコット③:

« ロイヤルアスコット② | トップページ | キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス »