« デザートロンドン | トップページ | Pick Your Own »

2006年8月15日 (火)

オランジュリー美術館

7月中旬にパリに行ってきたのですが、その際にオランジュリー美術館を見学してきました。

オランジュリー美術館はルーブル美術館の西側、コンコルド広場のそばにあります。

美術館の規模としては、ルーブルやオルセーに比べればこじんまりしていて、地上階と地階の2層構造です。

2000年から改修工事のため閉鎖されていて、今年の5月にリニューアルオープンしたそばかりです。

下記リンクによれば、同美術館は「クロード・モネが自らの「ライフワーク」を収めるために選び監修した美術館。「まことにユニークな存在」と美術界から絶賛されています。」
とのこと。

http://www.musee-orangerie.fr/

http://www.musee-orangerie.fr/documents/japon.pdf

展示されている作品は日本でなじみ深い印象派の画家のものが多いです。

2006_07280017・・・

セザンヌ?

・・・

・・・

・・・

2006_07280019_1 ・・・

これはルノアールの絵でしょう、間違いなく。

・・・

・・・

・・・

2006_07280022 ・・・

モジリアニですな。

・・・

・・・

・・・

地階は、セザンヌ、ゴーギャン、ルノアール、ピカソなどの画家の絵が展示されています。

地階も見所が多いのですが、何といってもこの美術館の目玉は、地上階にあるモネの「睡蓮」でしょう。

2006_07280028 このような感じで、日本でも有名なモネの「睡蓮」が楕円形の展示室に360度の壁全面にに展示されています。

モネはこのように展示されることを想定して、一連の「睡蓮」の絵を書いたそうです。

写真では伝わりにくいですが、実際見てみると非常に圧倒されるものがあります。一見の価値はあると思いますので、機会があれば是非訪問してください。

入場料や開館時間は上記リンクをご覧ください(下のリンクが日本語案内)。

なお、私は13:30頃行ったのですが、結構混んでいて、入館するまでに30分くらいかかりました。外に並ばされますので、日差しの強い日や雨の日は要注意です。

|

« デザートロンドン | トップページ | Pick Your Own »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/11446898

この記事へのトラックバック一覧です: オランジュリー美術館:

» B o n j o u r ☆ P A R I S PART.2 [タレント ブログ タレント発!取材レポート情報ブログ「タレポ」]
こんにちは。フランス特集を組んでます。よかったら遊びにきてください。  [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 17時28分

« デザートロンドン | トップページ | Pick Your Own »