« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年9月21日 (木)

Pick Your Own

ラズベリー狩りに行ってきました。

英語では果物などを苗から直接採取することを"pick your own"というようです。

pick your own自体は盛んで、下記のウェブサイトでは英国内でpick your ownができる農場を紹介しています。

http://www.pickyourown.org/unitedkingdom.htm

pick your ownできるものはイチゴに限らず、場所によってはラズベリーなどのベリー類(?)やスイートコーンなどの野菜もできます。

今回は上記のウェブサイトから下記のところを探し行ってきました。

Highclose Farmshop & Pick Your Own ( http://www.thefarmshop.co.uk/ )

・・・2006_09170023

こちらはファームショップです。果物、野菜などが売っています。小さなカフェもあります。

・・・

2006_09170026 ファームショップの周りは農園となっています。今回は時期が悪かったせいかラズベリーしか摘むことができませんでした。

左の写真がラズベリーの農園です。

・・・

2006_09170029 ・・・

ラズベリーはこんな感じで実っています。

・・・

写真で見ると綺麗ですが、実際はあまり手入れされておらず荒れ放題です。これが伝統的なラズベリーの栽培方法なのでしょうか?

摘むために入場料はいりません。ファームショップからバスケットを持って行き、農園で摘んでファームショップに戻って重さに応じて料金を支払うだけです。バスケットはそのまま持ち帰ることができます。

農園には監視人がいる訳でもないので、味見と称してタダで腹いっぱいまで食べることも可能です。いかにもイギリスらしい性善説に立っています。

一家で小さなバスケット半分くらいのラズベリーを摘みました。おそらく300gくらいだったと思うのですが、料金は3ポンドくらいで済みました。100g=1ポンド、これはかなり安いです。

結局のところ、pick your ownは日本のイチゴ狩りと同列に考えてはいけません。日本のイチゴ狩りは摘むことに価値を見出していますが、こちらではそんなことはありません。むしろ、農場側の摘む手間を省いているということで、通常より安かったりします。

pick your ownはどこにでもありますので、特に小さなお子さんをお持ちの方は一度行かれると良いかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »