« ブリュッセル① | トップページ | デュルビュイ① »

2007年4月27日 (金)

ブリュッセル②

小便小僧

小便小僧の像はグランプラスのほど近くにあります。

2007_04090027・・・

現在の像は1619年に作られたものだそうです。

この像が設置された由来はいろいろあるそうですが、そのひとつに、「侵略者が城壁を爆破しようとしかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年がいたという武勇伝説」があります(wikipediaより)。

この少年の名はジュリアンだったそうで、そのためこの像は「ジュリアン君」とも呼ばれているそうです。

2007_04090031_1 ジュリアン君は世界的にも有名で、我々が訪れた際にもたくさんの人がジュリアン君を取り囲んでいました。

・・・

・・・

2007_04090030ジュリアン君は世界一の衣装持ちだそうで、2~3日おきには衣替えをしているそうです。

この起源は、某ガイドブックによると「ルイ15世の時代にフランスの兵士が酔っ払ってジュリアン君を盗んだため、ブリュッセル市民から猛烈な抗議にあい、そのお詫びとして金刺繍入りの宮廷服を贈った」ことにはじまるそうです。

現在では、衣替えは儀式化しており、ブラスバンドの演奏とともに衣替えは行われるそうです。衣替えが終わると「放尿の儀」(勝手に命名しました)なる儀式が行われ、ジュリアン君は数日間たまっていた鬱憤を一気に晴らします。そのため、近くにいる人に「尿」がかかることがままあるそうです。

そういうわけで、現在では「放尿」は儀式のときだけにしか行われていないようですが、右記のウェブサイトによると、かつては、水の代わりにお酒を流していたこともあったそうです(liquor dispenserとして使用)(http://www.manneken-pis.com)。

この当時はジュリアン君も血尿ばかりでかなり体調が悪かったことでしょう。

言うまでもなく小便小僧像は日本では「世界三大ガッカリ」に認定されています。人魚姫のところでも触れましたが、ついに「世界三大ガッカリ」を制覇しました。日本で1329番目の達成者です(世界三大ガッカリ制覇協会認定)。

「びっくり日本新記録」のエンディングを脳内に漂わせ達成感に浸っていたのですが、この記事を作成するにあたり、小便小僧のそばに小便少女なる像があることを知りました。記録への挑戦はまだまだ続きます。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BE%BF%E5%B0%91%E5%A5%B3

|

« ブリュッセル① | トップページ | デュルビュイ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/14862686

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッセル②:

« ブリュッセル① | トップページ | デュルビュイ① »