« プラハ⑥ | トップページ | プラハ⑧ »

2007年6月18日 (月)

プラハ⑦

国立マリオネット劇場

チェコの伝統芸能の一つに人形劇があるそうです。

プラハ市内にもいくつか劇場があり、毎夜、人形劇が催されています。

我々はその一つの国立マリオネット劇場に行って来ました。

2007_04220126 ・・・

国立マリオネット劇場は東岸の旧市街広場のそばにあります。

我々が訪れたときは「ドン・ジョヴァンニ」をやっていました。

料金は大人一人3000円くらいだったと思います。劇は一回休憩を挟んで2時間半くらいと結構長いです。

・・・

Img_4251_1人形劇はこんな感じで7~8人の団員が上から人形を操作します。

人形は結構でかいです。1m近くあります。

・・・

Img_4270

これは劇が終わって団員が挨拶をしているところです。

我々は「ドン・ジョヴァンニ」を見たわけですが、私はこの劇のあらすじを全くしらなかったため、今ひとつ良く分かりませんでした。

ストーリーを知っていれば楽しめると思いますが・・・。まあ、子供は喜んでましたので、これはこれで良かったのでしょう。

Img_4287人形劇が有名ということもあって、いろいろなところで操り人形がおみやげとして売っていました。

値段は2000円くらいだったと思います。

・・・

Img_4285

我々も子供のために一つ買いました。

こちらの操り人形は日本人がイメージするそれと操作方法が少し違います。

お兄さんが左手でつまんでいるところを左右させると両足が交互に前に上がります。また、右手の紐を引くことで左右の手を操作します。

ですので、おじぎするとか細かい操作はできません。

国立マリオネット劇場の人形たちもこの形式でしたので、これが伝統的なものなのでしょう。

|

« プラハ⑥ | トップページ | プラハ⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/15473981

この記事へのトラックバック一覧です: プラハ⑦:

« プラハ⑥ | トップページ | プラハ⑧ »