« 1000ギニー① | トップページ

2008年5月 5日 (月)

1000ギニー②

ナタゴラ&ディヴァインライト

さて1000ギニーですが、1番人気となったのはナタゴラ(Natagora)です。

ナタゴラはフランス産の馬で、父は日本産のディヴァインライトです。

ディヴァインライトの父はあのサンデーサイレンスなのですが、ディヴァインライト自体の競走成績は大したことはなく、GIの高松宮記念2着が最高の成績です。

重賞も勝つことができないままディヴァインライトは日本で種牡馬入りしたのですが、04年からフランスに輸出され、フランスで種牡馬生活を送ることになりました。その初年度産駒の1頭がナタゴラです。

ナタゴラはフランスで07年5月にデビュー。2歳時には7戦5勝2着2回、重賞3勝(うちGI1勝)という好成績を残し、欧州の最優秀2歳牝馬に選出されています。

今年に入ってからも1戦1勝、通算では8戦6勝でこのレースを迎えました。主戦ジョッキーは日本でもおなじみのルメール騎手です。

Img_1749

・・・

左の写真はパドックで撮りました。

・・・

レース

Img_1770

1000ギニーは1マイルで行われます。

左の写真はスタンドから撮ったものですが、まったくの直線のコースです。右端にスターティング・ゲートが見えますが、これは1000mのレースの際のゲートです。よって、1マイルの場合にはこれより約600m後方からスタートすることになります。

Img_1759・・・

レースはスタート直後からナタゴラが先頭に立ち、レースを引っ張りました。直線レースの傾向として、競走馬は道中は場群を作ってどちらかのラチに寄って走るというものがありますが、今回はすべての馬が外ラチ沿いを走っていました。

上の写真はゴール板直前をとらえたものです。赤丸がゴール板の位置を示すもの(実際のゴール板は反対側のラチにある)で、その下を走っている芦毛(灰色)の馬がナタゴラです。写真左端のスクリーンを見てもわかるように、先頭を走っていますよね。

結果的には、ナタゴラがそのまま押し切りました。

Img_1761 ・・・

左の写真は勝った後に表彰式の行われるパドックへの通路に向かう様子を撮ったもの。

こちらの競馬は馬を間近で見られていいですね。

・・・

・・・

Img_1769 ・・・

日本男児として当然、馬券は買いました。最初、単勝10ポンドを買うつもりだったのですが、20ポンド札を出したら窓口のおばちゃんが間違えて20ポンド分の馬券を発行してしまいました。

おばちゃんは「これであっているか?」と聞いてくれたのですが、訂正するのが面倒くさいのでそのままにしておきました。

結果的には的中したので非常に良かったです。ありがとう、おばちゃん!

20ポンド買って払い戻しは64ポンド。日本で言えば単勝3.2倍ですね。

Img_1763_2左の写真は表彰式の直前の様子です(左側に表彰台がある)。英国の競馬はどこでも表彰式はパドックでやるみたいです。

これで終わりますが、ナタゴラは勝ちましたし、馬券はあたりましたし、英国競馬生活を締め括るに最高の結果となりました。日本に戻ってからも再び訪れたいものです。

|

« 1000ギニー① | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106445/41094489

この記事へのトラックバック一覧です: 1000ギニー②:

« 1000ギニー① | トップページ